« スラッシュリーディング | トップページ | Debriefing  ディブリーフィング »

2006年9月10日 (日)

スラッシュリーディング2

スラッシュリーディングの指導は,まずどこにスラッシュが入るのかから始まります。それは以下の通りです。

 1)前置詞の前
 2)不定詞の前
 3)Vingの前
 4)過去分詞の前

 5)接続詞の前
 6)関係詞の前

 具体的にはどう生徒にスラッシュの位置を発見させるかそのサポート方法が重要です。

 でもこれはカンタン。文の最後に数字をつけておけばよいのです。

   (例)They are children at St. Oliver Plunkett Elementary School in Australia. (2)

 文尾の(2)は「2カ所にスラッシュが入るよ」という印。これを生徒と取り決めしておきます。生徒は上記の1)〜6)までの位置情報と,スラッシュの数情報をもとにスラッシュを切ります。「隣と相談してもいいよ」といい,話し合いさせます。なぜそこで切るのか,理由を説明し合う子もいますし,相手から学ぶこともあるのでそうさせています。時間を決め,その時間が来たら「はいやめ。」そのあと教師が答え合わせをすればいいのです。

 They are children / at St. Oliver Plunkett Elementary School / in Australia. (2)

 次の段階は予習をさせてきて,「どこで切ったか隣と確認し,発表しなさい」といって生徒に発表させてもいいでしょう。これは生徒の習熟度次第で調整できます。

 スラッシュの数ですが,生徒がなれるまではなるべく短い単位で切ってあげたほうがいいでしょう。最初は教師のコントロールを強くかけます。ルールを守らせます。

 生徒がなれたら「切る間隔を徐々に長くしていってもいいよ。」と指導します。「英文を読みながら,スラッシュの位置情報をもとに自分が必要と思ったところにスラッシュを入れなさい。」教師のコントロールを徐々にゆるやかにしてあげるわけです。

 スラッシュ切りの最終段階は「初見の文に対し,スラッシュをなるべく長い間隔で自力で切れるようにし,前から意味がとっていけること。」いつまでも教師のヘルプがないとできないようでは困ります。このためには,週末課題や,学期に何度か投げ込み教材を使って自力でスラッシュを切って読ませる訓練が欠かせません。

 ただしスラッシュの指導はあわせて名詞句,形容詞句,副詞句,節の指導を行わないと生徒は混乱します。僕は「句」や「節」は「カタマリ」と表現していますが,この「カタマリ」を見つけ出す方法と,それがどんな働きをしているか読みながら判断する方法,この2点が「みそ」といってもいいでしょう。これは次回。

 

|

« スラッシュリーディング | トップページ | Debriefing  ディブリーフィング »

スラッシュリーディング」カテゴリの記事

コメント

debriefingは研修会でも使えそうですね。

投稿: hiro | 2006年9月10日 (日) 10時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36697/3384730

この記事へのトラックバック一覧です: スラッシュリーディング2:

« スラッシュリーディング | トップページ | Debriefing  ディブリーフィング »