« スラッシュリーディング2 | トップページ | HP Officejet Pro K550 Printer� »

2006年9月10日 (日)

Debriefing  ディブリーフィング

[Debriefing -ディブリーフィング」という技法。Debriefingとは,もともと下士官が上官に戦場の現状を「手短に」説明したことに由来するそうです。これは教育目的にも取り入れられ,とくにESLでも使われるようになったそうです。

 Debriefingのポイントは,

  1. 生徒が聴く活動をする前に,「他の人に聞き取ったことをレポートする活動があとに控えている」と伝えておくこと。
  2. キーワードをメモにとらせること。
  3. 自分が大事だとおもったことを3つ選ばせ,3人か4人グループでまずお互い同士に発表させること。
  4. 代表者がそれを教師にむけて発表すること。
  5. できれば,最初に話をした(講演者)人と,報告を受ける教師は別人のほうが,より,「レポーティング活動」としては真剣みが出てきます。
  

 ディブリーフィングの効果は何でしょうか? まず1つめにはアクティブリスニングを促している点があげられます。他者へレポートするつもりで聴くということです。

 2つめには,重要だと思われる「キーワード」を自己選択し,メモに残すことです。そしてこれは,枝葉を落とし,主要な点を3つに絞り込む際には絶対必要なことになります。大事な点を自分で選べるという点は,「自己選択」であり,生徒をやる気にさせる重要な点でもあります。

 3つめには,そのキーワードを「記憶を呼び覚ます鍵」として,内容をリプロダクションする点です。

 4つめには実際にそれを教師に報告させる点です。これをしなければ完成しません。

 そして最後には,他者の意見を聞き,自分が気づかなかったものの考えかたがあるのだという「気づき」があることです。

 さて,では高校ではどこまでこれが英語教育に使えるでしょうか。

 これは,実は,教科書のテキストが,事実を伝える「伝記」ものや,「物語」である場合に使うのに最適です。教師がテキストの内容を簡単な英語で言い換えて英語で話し,生徒はそれをメモに取っていきます。

debriefingは考えてみれば,振り返り活動だと思います。聞きっぱなし,学びっぱなしは身に付きません。何がよくて何がダメなのか,振り返って考える機会が カナダのプログラムには最初から入っていました。

たとえば,プログラムの一番最初の授業で,カナダバンクーバーの領事の講演を日本語で聴いたのですが,それをさっそく,次の時間に,デルウィンスミス先生にグループごと「報告」させられました。もちろんグループごと,心に残った話を3つに絞り(これを決める場合,ディスカッションやディベートに近くなります)それを発表します。

次にサレー地区の教育委員に話を聞きに行ったとき。彼はすかさず,話のあとにどんな点が心に残ったか,日本と違う点はどんな点か考えて,グループごと報告するように求めてきました。

このようにDebriefingは,自分の学んだことをもう一度自分の頭の中で反芻し,よい部分だけを抽出する作業を経ることで自分の中で情報を整理できるすばらしい方法だと言えます。

|

« スラッシュリーディング2 | トップページ | HP Officejet Pro K550 Printer� »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36697/3384822

この記事へのトラックバック一覧です: Debriefing  ディブリーフィング:

« スラッシュリーディング2 | トップページ | HP Officejet Pro K550 Printer� »