« 音読の効用について(2) | トップページ | 語い学習(2) »

2006年2月 9日 (木)

語い学習について(1)

ELEC 夏の講義  岡田順子先生の 語い指導

○Nationによれば,First 2000 frequency Wordsはできるだけ早く覚えるべきである。このレベルの語いがないと,あらゆる活動に支障をきたす。

○多読では,1000語読んで,覚えるのは15語程度とも言われており3000語覚おえるのには20万語読む必要があると言われています。一方,意識的な単語学習の場合,「7回」異なる文脈で出会わないと覚えないとも言われている。意識した単語学習と,多読などで繰り返し異なる文脈で出会う経験を重ねる,単語学習の組み合わせが必要です。

○Aitchsonという方は,Semantic Mapping (意味のマッピング)を提唱していま 
 す。たとえば,hugeという語を学ばせたい時,紙の中央に,hugeと書き,そこか
 ら四方八方へ,線を延ばし, hugeと関連がある言葉を書いていきます。

 huge----- (elephant)連想語・コロケーション
   -----   (big) 同位語
   -----   (small) 反意語
   ................  例文

  「意味の連結」をさせながら覚えるとよいということです。この場合,huge以外の単語は,すべて定着していることが前提。脳は語いをばらばらに格納しているのではなく,結びつきの強い語句同士を結びつけて覚えている。他の単語の助けをかりることで「忘れにくくなる」。

○Craik and Tuluing は「深い処理」論を提唱。脳が深い処理をする単語は定着しやすいという理論。たとえば,「Vessel」が海をすすんでいるイメージを頭に思い浮かべながら10回書いてみると,日本語の意味を考えながら書くより「時間がかかった」そうです。つまりイメージ化することで脳が「深い処理」をしたというのです。発音しながら書くと脳が深い処理をしない。日本語でなく,イメージを思い浮かべならが書く方が脳が深い処理をし,よく覚える。抽象語は具象語より難しいが,なんらかのイメージを頭に浮かべることで,定着しやすいとのこと。(たとえば,strictなら厳格な父親を思い浮かべるとよいかも。)

○また英語教師はよく単語本を生徒に覚えさせようとします。しかし,Laufer and Hulstijnは,そんなやり方に警鐘を鳴らすかもしれません。彼らは Involvement  Load Hypothesisを提唱。これは「深い処理」に関するさらに詳細な研究で,

 Need / Search / Evaluation  
 の3つが「より深い処理」を促すと考える理論です。

 Need ・・「覚えなさい」と言われた単語より,自ら「知りたい」と思った単語は覚えやすい。

 Search・・知りたいと思った単語を自分で調べること。

 Evaluation・・文脈から最適な訳を選択すること。

 この理論からすると,「ターゲット」等の単語帳を覚えることは,「先生に覚えろと言われた」のでNo Need,(成績にかかわるなら moderate needか)  意味の推測もしていないのでNo Evaluation,  辞書も引かないので,No search ということになります。この理論からすれば最悪な覚え方ということになります。覚えたつもりでも忘却率が高いということでしょう。

 ここまでのことをまとめますと

  1.  生徒には文脈から意味を推測させよ。(深い処理Evaluation)
  2.  辞書等で「確かめる機会」を持たせよ。(深い処理Search)
  3.  いくつかの関連情報(反意語,同意語,コロケーション,例文)を一緒に 覚えさせよ。(Semantic Mapping)
  4.    イメージを思い浮かべさせて単語を書かせよ。


    ということになります。ベネッセ(進研模試)の分析会などで話を聞いても,最近は単語帳を使わせている学校の話はあまり聞きません。「教科書や副教材の単語を覚えさせよう」という流れが強まっているそうです。これなら定期考査にも出ます。Needがなければ生徒は覚えようとはしないわけです。

    達人セミナー山形県立長井高等学校の布川裕行先生の発
   表をみる機会がありましたが,同校では,JACET8000
   ベースにし,それを最も高い確率でカバーしている教科書
   を選び出しました。これは新出語句数でももっとも数の多
   い教科書でもありました。その教科書の単語を週3回の
   Readingの頭十分ほどでトレーニングしているそうです。布
   川先生の実践は,達人セミナーでDVDになっていました
   ので,そちらをどうぞ。

   



 

|

« 音読の効用について(2) | トップページ | 語い学習(2) »

英語指導法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36697/661342

この記事へのトラックバック一覧です: 語い学習について(1):

« 音読の効用について(2) | トップページ | 語い学習(2) »