トップページ | やる と やらされる »

2006年1月26日 (木)

do, does, did の教え方

ブログデビューです。これからじょじょに書き込んでいきます。初回は文法の教え方です。

これは僕がYahooの掲示板に書き込んだものです。
今まで書いてきたものも手直ししながらブログに加えていきたいと思います。


「助動詞のdo, does ,did」

生徒にはとにかく、be動詞以外の動詞の「ウラ」には必ずdo, does, didの3つのうちの
どれかが「隠れている」と教えます。

1) goes = 「go のうらに、doesが隠れいていて、最後のesだけが見えている」

2) go = goのうらにdoが隠れている。

3) went = go+didが化学変化を起こしている。              こう教えます。
  
  そして一般動詞はとにかく、
  does + go        
  do + go          
  did + go            

 と, いったん分解させるくせをつけさせます。

She went to school.
She (did go ) to school.
Did she go to school?
She didn't go to school.


BeV疑問文も、do,does,didを使った疑問文もなぜこういう形になったのでしょうか。
それはひとえに肯定文とは違いますよ。疑問文=特殊な形ですよ。と相手に知らせる
ためのサインです。

 beVを前に出すことで、いつもの語順と違いますよ。疑問文ですよ。と知らせるわけです。
do.does didを文の前にぽーんと出すことで、疑問文ですよーと相手に知らせるわけです。

|

トップページ | やる と やらされる »

英文法の教え方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36697/516024

この記事へのトラックバック一覧です: do, does, did の教え方:

トップページ | やる と やらされる »