« プリント3枚で効果抜群 | トップページ | 可算,不可算はイメージできまる »

2006年1月29日 (日)

アクティブリスニングを活用する!

 昨年アルク社の通訳セミナーにでました。そこで習った技術が,ひと呼んで「アクティブリスニング」。 

 「アクティブリスニング」とは,ただ単に聞くより,「他者に伝えるつもりで」メモしながら聞いた方が,格段にこまかな点まで聞き取れるという趣旨でした。

 これは,やってみると全くその通りでした。セミナーでは少し早口の日本語の文を聞き取り,要点をメモし,それをペアを組んだ相手に自分の言葉にして伝えることからはじまりました。これは日本語の聞き取りにも効果があります。ただ漫然と聞いていたモノが,「人に伝える」という目的を与えられたとたんに全く別物として聞こえてくるのです。セミナーはその後,英語の聞き取りに進んでいきました。英語も同様で,内容にかなり集中して聴いています。

 同じ経験をカナダのESLでしたことがあります。教員向けの英語指導法のセミナーがでしたが,地元の教育委員長の話をきき,その中でこころ残った話を3つ決めて,グループごと発表するように言われました。

 これは,[Debriefing -ディブリーフィング」という技法です。Debriefingとは,もともと下士官が上官に戦場の現状を「手短に」説明したことに由来するそうです。これは教育目的にも取り入れられ,とくにESLでも使われるようになったそうです。

 Debriefingのポイントは,

  1. 生徒が聴く活動をする前に,「他の人に聞き取ったことをレポートする活動があとに控えている」と伝えておくこと。
  2. キーワードをメモにとらせること。
  3. 自分が大事だとおもったことを3つ選ばせ,3人か4人グループでまずお互い同士に発表させること。
  4. 代表者がそれを教師にむけて発表すること。
  5. できれば,最初に話をした(講演者)人と,報告を受ける教師は別人のほうが,より,「レポーティング活動」としては真剣みが出てきます。
  

 ディブリーフィングの効果は何でしょうか? まず1つめにはアクティブリスニングを促している点があげられます。他者へレポートするつもりで聴くということです。

 2つめには,重要だと思われる「キーワード」を自己選択し,メモに残すことです。そしてこれは,枝葉を落とし,主要な点を3つに絞り込む際には絶対必要なことになります。大事な点を自分で選べるという点は,「自己選択」であり,生徒をやる気にさせる重要な点でもあります。

 3つめには,そのキーワードを「記憶を呼び覚ます鍵」として,内容をリプロダクションする点です。

 4つめには実際にそれを教師に報告させる点です。これをしなければ完成しません。

 そして最後には,他者の意見を聞き,自分が気づかなかったものの考えかたがあるのだという「気づき」があることです。

 さて,では高校ではどこまでこれが英語教育に使えるでしょうか。

 これは,実は,教科書のテキストが,事実を伝える「伝記」ものや,「物語」である場合に使うのに最適です。教師がテキストの内容を簡単な英語で言い換えて英語で話し,生徒はそれをメモに取っていきます。

 

ここで新しい考え方,[Mappingーマッピング]を使わせます。マッピングについては後ほど。マッピングしたキーワードを使い,今度は生徒同士に「今先生が話したことをパートナーに英語で伝えてごらん。マッピングしたメモはみていいよ。話し終わったら今度はもう一人がメモをみながら話すんだよ。」と指示します。もし英文が長ければ,区切りのいいところまで聴かせて,マッピングさせます。

 この,[アクティブリスニング]ー[マッピング]ー[リプロダクション]は授業のいつやればいいのでしょう。一つには,教師が,授業冒頭でSmall Talk したときがチャンス。または,授業冒頭に生徒に1分間スピーチをさせ,その内容を使ってもいいでしょう。テキストの内容でやるなら,レッスンの最初の時間を使い,「概要をとらせる」目的で行うか,ある一定以上の表現や,語いをとりこみ終わった,レッスンの最後で行い,「定着をうながす」目的で使うこともできます。そして何度か授業中にこれをやると,班対抗のゲームにできます! [ジグソーリーディング・リスニング]という名前の。これもブログで後ほど。

 東京の太田洋先生は,授業の最後に,この活動をときどきいれるそうです。教師とALTが話をし,生徒にマッピングさせる。ペアを作らせ,マッピングしたものを元に,ペア同士で英語を再生して言うように指示する。生徒はそれをもとにして話そうとするのですが,教科書で使っている表現を最初はうまく使えず,なかなか話せないとのこと。そこで教科書を1分間だけ見せるそうです。太田先生によれば,生徒はむさぼるように教科書を読むとのこと。1分経ったら教科書を閉じさせ,もう一度話をするように言います。今度はかなり大きな声がでるようになったとのことです。

 太田先生は上手に,「表現」の最終とりこみのために,利用していました。生徒が英文をうまく言えないのを逆手にとり,「情報の飢餓状態」を創り出していたわけです。そして,生徒は「必要だ」と思ったことを一生懸命とりこもうとするというわけです。[Intake]を起こすためのしかけをしているというわけです。

 アクティブリスニングを行うには,実際はいくつかハードルがあります。まず前ふり活動として,

  1.  情報の「順送り処理」=前から意味を取るになれている必要があります。スラッシュリーディングやスラッシュリスニングなど普段からやらせている必要があります。
  2.  リスニングに抵抗感がある生徒を減らすため,リスニングゲームで抵抗感を減らしておく必要があります。これは[アタック25] [What is it? ] という,とっておきのリスニングゲームがあるのでそれをのちほど紹介します。
  3.  クラスルームイングリッシュを普段使っている必要があります。普段から英語を使う,聴くという雰囲気をまず教師が創り出すことです。
  4.  キーワードを使ってテキストの内容をリプロダクションさせる体験をさせる必要があります。これには音読活動が有効です。筑波大付属高の久保野先生の実践が役に立ちます。これも後ほどブログで。
 

 

|

« プリント3枚で効果抜群 | トップページ | 可算,不可算はイメージできまる »

英語指導法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/36697/539068

この記事へのトラックバック一覧です: アクティブリスニングを活用する!:

« プリント3枚で効果抜群 | トップページ | 可算,不可算はイメージできまる »