2017年5月26日 (金)

Should we develop Anywhere Door?

どこでもドアを開発すべきかエッセイを書かせました。

おもしろい意見がいっぱい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月26日 (水)

総合的なアクティブ学習

総合学習で「地域研究」を実施しました。テーマが20ぐらいあって全部いわきの風土や歴史に関係しているテーマ。じゃんがら念仏踊りのルーツやフラガールの歴史あり、小川江筋の歴史あり、平城の歴史あり、いわきの農業の話あり。ブラタモリと総学が合体したような内容。歴代藩主の話もかなりおもしろかった。

地元を好きになるには地元のことを知る必要がある。アクティブラーニングとしてもよかった。編集の段階で情報の取捨選択、言葉の選び方、見せ方の順序などを総合的に考える必要があります。また、プレゼンを入れることでより人に分かりやすく伝える情報伝達についても意識できたはず。

中学ではかなり頻繁にこういう活動をしているということですが、知的レベルが高いこういう活動もさらっとできるあたり、本校生の能力の高さを感じました。すばらしい!

今後はこれを英語でやって世界に発信できれば。そう思いました。生徒の皆さんすごかった。準備された先生方お疲れ様でした。よいモデルができたと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パッシブなアクティブラーニング研修会?

ある人がある県のアクティブラーニングの 研修会に出席したそうです。おもいっきりまじめだったとのこと。苦笑。これからの方針や、やるべきことを伝える研修だったそうですが、だとしてもやり方はいろいろあります。

これを見ている各県教委の方々がもしいらっしゃれば、アクティブラーニングの研修は参加者がぜひアクティブラーナーになるような研修設計をしていただければと思うのです。そういう要素、活動は1つは含めて欲しい。
参加者がアクティブになれる研修。ぜひぜひ各県教委でご検討ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«アクティブラーニング Bloom's Taxonomy